COLUMN 一覧へ戻る

COLUMN

2017.06.10

【今どきのJKに聞いてみた!最近の告白事情】

コラム

「三次元はクソゲーだ」
 

色々なことに影響を受けやすい多感な思春期を迎えた中学生の時に、私の座右の銘となった言葉です。おかげ様で”一般”という枠から少々はみ出て生きております。

こんにちは、Sharewayで竹内とともに記事を作成とかしている風澤です。


「かぜさわ」ではなく「ふうさわ」と詠唱してください。

 

三次元というゲームにログインして早24年。連続ログインによるボーナスアイテムをそろそろ貰えても良い頃のはず。

なのにコレといったレアアイテムも手に入らず、”生活”というガチャにひたすら課金する課金厨と成り果てました。

 

実は風澤は、このギルド(会社)に転がり込んで今月でやっと4ヶ月目というイベントクエストに突入しております。それゆえ、他の社員たちよりも圧倒的にJKたちとの絆レベルが低い風澤ではありますが、マルチクエストにどんどん参戦することで遅れを巻き返していく作戦を実行中。

 

 

そんな私が今回、只今絶賛絆レベル上昇中のJK3人にそれとなく聞いてみました。

 

 

「LINEでの告白って実際どうなん?」だってばよ〜

 

最近の高校生の告白がLINE率が高いという話を小耳に挟んだので、そんな告白は「あり」なのか「なし」なのか、そのあたりの本音を語ってもらいました。

 

答えてくれたのは、こちらの御三方!

 

物理攻撃が高く、NPチャージも早いが大技解放後はスタンが発生する「あーちょ」!高校3年生!


 

特攻がズバ抜けて高いが特防が少し低い中距離型雷属性のアタッカー「みぃき」!高校3年生!


 

攻撃力は圧倒的に低いが防御特攻特防が高い回復タイプ&シールダー「まあろ」!高校3年生!


プリンをもしゃもしゃしております。

 

完璧なパーティーを作り上げ、いざ、クエストスタート

 


 

風「今の彼ピッピとはどうやって付き合ったの?」

 

みぃき「二人で遊んでて、道歩いてる時に急に『好きなんだけど』って言われた〜!♡」

 

おっと、しょっぱなから生クリーム増し増し砂糖ゴリゴリ感すごい。。。

 

まあろ「夜中にLINEがきて、流れで恋愛トークに。好きなひといるの?っていう話になって・・・告白されました////」

 

おお、おお、おお、いいぞ。なかなか攻撃力高めのアタックを繰り出してくれた二人。

 

 

あーちょ「・・・今彼氏いない」

 

大丈夫だ。別に恋愛が全てではないぞ、あーちょよ。女は強くあれ。

 

ちなみに、今回の3人はLINEでの告白をしたことはなく、されたことならあるというので早速本題でパワーアタック

 

風「LINEで告白って今は主流って聞いたんだけど、実際LINEで告白されるってどうなの?嬉しいものなの?」

 

みぃき「状況によるけど、ぶっちゃけどうでもいい!ただ、一緒に遊びに出てて、その間にそういう雰囲気になっているのに何も言わないで、帰った後にLINEで告白してくるのは嫌!!意味わかんない!!なんであの時言わなかったんだよってなる」

 

あーちょ「本命からの告白だったら嫌かな〜。告白自体は嬉しいけど、やっぱり口で言われたい。好きな人以外からの告白は、口でもLINEでもなんでもいいけど(笑)」

 

みぃき「遠距離とか、すぐに会えるような距離とかじゃないなら、まぁLINEもありかなって思うけど、でもせいぜい電話でするべきでしょ。後、スタンプでの告白は論外!」

 

みぃき殿、強い・・・!!さすが我がパーティーのアタッカー!!!

あーちょもみぃきもどうやらLINEでの告白(ただし本命に限る)には良いイメージを持っていないようです。

 

一方、回復タイプのシールダーまあろ

 

まあろ「正直、LINEより直接口で言われる方が良いけど、告白されること自体が嬉しいからLINEでも良いかな////」

 

おそらく今の彼ピッピのことですね。惚気てますねこの子。


 

今日まで数多の穢れをみてきた風澤にとって

リアルJKのキュアキュアLove Storyを聞かされるのはなかなかしんどいが、まぁ良かろう。これで絆レベルが上がるのなら(下心)

 

ちなみに今は絆レベル3。(MAXは10)

まだまだ道は長い。

 

風「私の高校時代って、LINEはなかったから同手段としてはメールだったけど、メールでの告白っていわゆるチキン野郎扱いされるんだよね。口で言いなさいよっていう感じだった。まあろはLINEで告白したことはあるの?」

 

まあろ「したことないです。LINEで告白するのは男の子が多いかも!女の子はちゃんと直接会って口で告るんですよ。」

 

素晴らしいかよ〜〜!!!やっぱり告白は相手の目を見て言えってことなんでございます。

そしてやっぱりそういう面では今の世代でも強気なJKたち!!いいぞもっとやれ!!

 

最後に「理想の告白シチュエーションについて」も聞いてみたところ

 

みぃき「テレビとか観ている時にふと言われたい!!!」

 

と爆速で答えが飛んできました。さすがアタッカーみぃき(2回目)

 

みぃき「花火とか見てる時に告白はやめて欲しい。」

あーちょ「タイミングを狙ったような告白は嫌だ。不意打ちが良いんだけど、やっぱこっちが察知してしまうような分かりやすいシチュエーションは微妙(笑)」

という、この世にゴマンとある胸キュン少女漫画を真っ向から切り捨てる殺傷能力そこそこ高めの一言が両者から振り下ろされました。

 

『待って、今じゃないから。今私花火見てんじゃん??集中してるじゃん???ちょっと静かにしててもらえる???』

 

となるそうです。世の男子よ、告白する時はTPOの、特にTPをしっかり考える必要があるらしいぞ。

 

風「少女漫画みたいな展開はご所望ではないと?」

みぃき「いらない!少女漫画は少女漫画の中だけにして欲しい!壁ドンとか、三次元に落とし込まないで欲しい!!!漫画の中でやるから良いんじゃん!!!三次元はダメ!!!」

 

 

わかるううう!!!!

それについては超わかるううう!!!

 

JKに直接聞いてみると、今も昔も告白は口で言って欲しい女の子が多いようです。

最近は、便利になりすぎて口で言わなくてもお手軽に伝えられる手段ができてしまったわけですが、それじゃ嫌だ!と感じていると知って安心しました。

そして意外だったのが、胸きゅん展開は、現実では求めていないという事。

実際にやられると引いちゃうんですね。

派手なシチュエーションも、やるなら悟られないようにする事が大事のようです。

 


 

ちなみに私の同僚竹内は、3回告白して3回失恋するという黒歴史の所有者。

半年に1回告るというおよそ1年半の歳月をかけるも相手に彼女ができてジ・エンド。

『散々私に「かわいい」と言っておきながら他の女と付き合うんかい!!』と彼女は思ったそうです。

 

しかし風澤は思うのです。

男が言う「かわいい」は「すき」に決して直結しないと・・・。

 

そして竹内は納得した。

 

「なるほど・・・ポイフルは確かにかわいいけど、酒のお供として求めるのは生ハム、ということか・・・」


すごい例えをブッ込んできた竹内って誰だよ・・・

 

って思った方はこちらの記事を読んでみると良いでしょう。

結局のところ、sharewayって何してるの?JK事業って何?という質問に答えてみました。

↑こちらの記事でSharewayについて説明してくれているのが

只今絶賛彼氏募集中竹内でございます。

 

これからも、風澤と竹内がJKとの笑いあり涙ありのコラムを更新してまいります。

時々、醜態を晒す場合もあるかと思いますが、どうぞその時は息をするかのようにソッとブラウザを閉じていただければ幸いでございます。