WannabeAcademy「WEBマーケティングコース」入学者申込受付中!! ≫ここをクリック≪

Webマーケティング学習方法《おすすめな覚え方》

Webマーケティング学習方法《おすすめな覚え方》

学生時代と違い、仕事や家事など……日々の忙しい人にとって腰を据えて勉強するということは、なかなか難しいものです。

前回の記事では、Webマーケティングを覚えるのは詰込み型の暗記だけで成り立たないということを述べました。



では、どのように覚えると効率的なのでしょうか。

今回の記事ではWebマーケティングに関するおすすめの覚え方について紹介しましょう。

デバイスを活用する


今の時代、スマートフォンなどのデバイスを用いて知りたい情報を調べるとすぐに見つかります。

デバイスで覚えるということはとても便利ですが、「いつでも覚えられる」という甘えから覚えることを後回しにするというケースもあるので注意しましょう。


参考までに、おすすめのWebマーケティング関連サイトは以下のとおりなので、チェックしてみて下さいね。


ferret:Webマーケティングやマーケティングに関連の情報が豊富なWebメディア。

デジタルマーケティングラボ:デジタルマーケティングやWebマーケティングのノウハウや成功事例が掲載ささている情報サイト。

ミンウェブ辞書 : WebやITに特化したマーケティング用語辞典であり、1000を超える用語を掲載。概要がわかりやすく構成されているのがポイント。



また、株式会社アイクラウドでは「Webマーケティング資格問題集」という名称でアプリをリリースしていますので、すき間時間にお手軽に覚えることができるでしょう。

【Webマーケティング資格問題集/アプリリンク先】

Webマーケティング資格問題集|Apple Store

Webマーケティング資格問題集|Google Play

紙を使って覚える


デバイスよりも紙に書いて覚えたり、プリントアウトして覚えたりするやり方が自分に合っているという方も少なからずいます。

加えて、何度も書いて覚えるということを繰り返すと記憶が定着しやすいとも言われています。

ただし紙ベースの場合、自宅のインクジェットプリンターで印刷するときに水や消毒液によって濡れた手で触れるとにじむので注意が必要かしれません。

余談ではありますが、私自身は学生時代、インターネットがまだ身近なものでなくデバイスで覚えるというツールがまだ確立されていませんでした。

そのため、全集中で覚える場合は裏紙やノートを使います。

Instagramで覚える


Instagramは写真がメインのSNSですが、最近知識系のインスタだとスワイプ形式(紙芝居風に)で用語の説明をテキストとイラストを交えた投稿も多くなっています。

実はWannabe Academy公式InstagramでもWebマーケティング用語の説明を随時公開しています。

↑AcademyのInstagram


レイアウトも頭にインプットしやすい構成となっているので、その都度チェックするのもおすすめです。

サーバーダウンした場合の留意点


デバイスでWebマーケティングの用語などを覚えるとき紙にプリントアウトせず、デバイスのみで覚える場合に注意したいのが、ネットワーク障害などでブックマークしていた内容のチェックができなくなったときです。

真剣にWebマーケティング用語を覚えたいというならば、万が一の対応として紙にプリントアウトするか、ローカルで保存することをおすすめします。

最適な覚え方を見い出しWebマーケティングの用語を楽しく覚えてみよう!


用語といった勉強系の覚え方は皆それぞれ異なります。

Webマーケティングの分野だったらどのような覚え方が自分にとって最適かを検証し、時短で効率良く、かつ奥深く覚えられるか考えてみてはいかがでしょうか。

3ヶ月でWebマーケの基礎学習を学ぶWannabeAcademy

サイト▶︎http://shareway.jp/wannabe_web/


WannabeAcademyでは、3ヶ月のWebマーケの基礎学習と卒業後の実務研修、転職サポートが充実しています。

独学に限界を感じた方、実践力をつけたい方、またWebマーケターとして転職をしたい方は、ぜひWannabeAcademyを覗いてみてください。

▼卒業生&入学生の声

Academyカテゴリの最新記事