WannabeAcademy「WEBマーケティングコース」入学者申込受付中!! ≫ここをクリック≪

色の影響でCVR21%UP!?色が人に影響を与える効果をあなたは知っていますか?

色の影響でCVR21%UP!?色が人に影響を与える効果をあなたは知っていますか?

成果がなかなか出ない…って悩まれている方は多いのではないのでしょうか。私もよく悩む問題です。

そんな中LPの改善をしている際、ふと色の効果はあるのか気になり調べてみました。

そこで、今回は色が人に及ぼす効果についてご説明しようと思います。

色が人に与える影響力

引用元:Why All Sale Sings Are Red

上記の図は、人は何を判断軸にし購買をしているのかまとめているものです。

これによると、84.7%の方が人がものを購入する時に色を第一理由としていることがわかりました。

確かに、色合いが綺麗だと目が止まりやすいですよね!

また消費者の購買は最初の90秒以内にかつ無意識に判断しておりその中の62~90%の人は色のみに

基づいていることも分かりました。

よく「人の第一印象は大事」と言いますが、色がその印象に大きな影響を与えているのかも

しれません。

色が人の購買意欲を左右するのであれば、WebサイトやLPに使用する色によって成果が大きく変わって

来そうですよね。

ではどんな色が購買意欲が高くなるのか紹介していきます。

購買意欲を高める色は何?

皆さんはどの色が購買意欲を高めるのか検討はつきますでしょうか?

引用元:The Psychology of color in marketing and branding

上記の画像は左右それぞれのサイトの成果を比較したテスト結果です。

緑色と赤色のボタンがそれぞれ使われています。

さて、緑色と赤色どちらが多く成果を出せたかわかりますか?

正解は赤色です。実験によれば赤いボタンのサイトがクリック率を21%UPさせる事ができたそうです。

確かに、赤のボタンの方が目に入って来やすいですね。

このような観点からでも、色の効果は意外と大きいんだなと感じます。

引用元:12 Surprising A/B test results to stop you making assumption

ただ成果を上げるためには闇雲に赤を使えばいいという訳ではありません。

周囲の色と比べて目立つようなカラーを選択できれば成果もあがることもあります。

上記の写真では青色ボタンから明るい黄緑に変更しており、ボタンが目に付きやすくなっています。

変更後の成果としても35.8%上がっていました。

周りの色も考えながらボタンを設定するとなお良いという事が分かりましたね!

LPやサイトの改善をする上で、どんなコンテンツを載せるかも大事ですが、色を変えるだけでビジネスの目標が

達成されるかもしれません。

是非参考にしてみてください。

まとめ

「成果がでやすいのは赤色といった暖色系。」また、「周囲と比較して目に付きやすいor知覚しやすい

色を使う」

といったことがサイト内の成果に繋がる事がわかりました。

いかがでしたか?今設定しているCVボタンの色の確認等がしたくなってきましたか?

実際にこの事を知った後は日常での色の見え方、感じ方がいろいろ見えてきて楽しいです。

LP改善や成果で悩まれている方は、こういった”色”といった別の観点から対策すると成果に繋がるかも

しれません。

参考サイト

LISKUL【成果を上げる色の選び方】色彩心理学から学ぶ サイトカラーの「正解」

その他カテゴリの最新記事