WannabeAcademy「WEBマーケティングコース」入学者申込受付中!! ≫ここをクリック≪

明日にも登れる!日帰りOKな東京都内近郊登山エリア3選

明日にも登れる!日帰りOKな東京都内近郊登山エリア3選

東京都内にいると自然と触れる機会が少なく、登山などアウトドアに興味を持つ方も多いのではないでしょうか。

かといっていきなり登山は難易度が高く、「自分でもできるの?」と不安になることも。

ここでは都内から日帰りで簡単に登れる、明日にでも行けるような登山エリアを3つ紹介します。

☆この記事でわかること☆
①日帰りOKな東京近郊の登山エリア3つ
②日帰り登山に必要な登山道具

東京近郊でおすすめ3つの登山エリア

引用元:https://unsplash.com/

1-1奥多摩エリア

東京の最西で埼玉県や山梨県との堺にある奥多摩エリアは自然豊で登山を始めとしたアウトドアスポットとしてかなり人気のエリアとなっています。

アクセスも良く新宿から車や電車で2時間ほどで到着するので、まさに都会のオアシスともいえます。

日本百名山に選ばれている雲取山や、ケヤキや滝、山頂の神社など見どころが多い御岳山など、いくつもの山があります。

それだけではなく、カヌーやカヤック、ラフティングのような体験コーナーも用意されていて、何度行っても飽きないスポットでしょう。

1-2秩父エリア

東京都内から少し足を延ばしたい方には、埼玉県の最西にある秩父エリアがおすすめです。比較的なだらかで初心者向けの武甲山や、日本百名山の一つである甲武信ヶ岳があり、都内から離れてプチ旅行気分を味わえます。

特に甲武信ヶ岳は山頂からのパノラマ風景が有名で日本百名山の山々を見渡すことができます。

1-3八王子エリア

都内の登山といえば最も有名な山の1つに高尾山があります。初心者向けの山としてかなり認知されており、登山道もしっかり舗装されています。
都内からのアクセスも良く新宿から車で1時間近くでいけるほか、観光地としてケーブルカーやトイレ、売店などのインフラや設備はかなり整っています。

反面、人気スポットのため人が多く、自然を楽しむ目的にしてはやや騒がしいかもしれません。

その場合でも、実は高尾山の近くには南高尾山や景信山などいくつかの山があります。少しでも人混みを避けたいのであれば、周辺の山を見てみるといいでしょう。

あると便利な持ち物3つ

引用元:https://unsplash.com/

都内から日帰りでいける初心者向けの山であれば、服装や持ち物にこだわる必要はあまりないでしょう。ここでは最低限揃えておきたい3つの持ち物をご紹介します。

リュックサック

登山に必要な飲み物や上着などをいれるためにリュックサックはあると便利です。登山中は転んだり手をついたりすることもあるので、両手を自由にしておく必要があります。

登山靴

登山靴は捻挫しにくいよう足首まですっぽり入る設計になっていたり、ゴロゴロした石を踏んでもいいように靴底が厚くなっていたりします。
普段のスニーカーで登っても問題ない山も多いですが、登山靴の方がより安全です。

防寒着・レインウェア

一般的に100m標高が高くなると気温が0.6度下がると言われており、山の頂上はかなり冷えます。また天気の変化も激しく急な雨に見舞われることもあるため、防寒着やレインウェア等の上着は用意しておくと安心です。

6登山道具はレンタルできる

登山道具を持っていない場合でもレンタルすることで必要なものはすぐに揃えられます。
ここではレンタルするメリットとデメリットをご紹介します。

レンタルするメリット

①初期コストを抑えられる
「リュックサック」「登山靴」「レインウェア」をまとめて登山の三種の神器と言われますが、一般的にこれらを揃えると3~10万円の初期コストがかかります。

山登りにあまり行けなかったり、飽きて辞めてしまったりすると、これらにかかった費用がもったいなく感じるでしょう。

レンタルの場合は数千円でこれらを揃えられるので、今後も定期的に山登りに行くわけではないのであれば、まずはレンタルしてみてるのがおすすめです。

②メンテナンスや保管の手間がかからない
リュックサックや登山靴などの登山道具は、雨や土砂、汗などで汚れガチです。メンテナンスを怠ると傷みやすいので、使用後の手入れは欠かせません。

また、頻繁に使うものでもないので家の中で保管するのも面倒くさく感じるでしょう。

レンタルであれば使用後のメンテナンスや保管も不要で、使いたい時に借りるだけなので、手間をかけずに道具を揃えることができます。

レンタルするデメリット

①頻度によってはコストは高くなる
頻繁に登山する場合は、購入してしまった方がトータルのコストは抑えられます。登山を趣味として継続する可能性が高い場合は、アウトドアショップで一式揃えましょう!

②所有権がない
自分専用のものではないので、趣味として揃えたい方にはレンタルは不向きです。また、明日すぐ使いたいなど融通が効きにくいのもデメリットといえます。

登山道具をレンタルするなら

登山道具レンタルの老舗である「やまどうぐレンタル屋」がおすすめです。
おすすめな理由
①キャンセル料がかからない
天気や体調の影響でどうしても登山にいけないケースが発生しますが、こちらであればキャンセル料なしで全額返金されます。

②返却が楽
汚れたままでの返却OKで、返却用の梱包箱や伝票も用意されています。登山から帰宅したらすぐに返却の準備ができるので、手間がなく楽で便利です。

やまどうぐレンタル屋 はこちら

受講生コラムカテゴリの最新記事