WannabeAcademy「WEBマーケティングコース」入学者申込受付中!! ≫ここをクリック≪

【令和版】書類通過を上げる3つのポイント

【令和版】書類通過を上げる3つのポイント

こんにちは!毎回転職情報をお届けしているななです!

本日はWeb業界において、書類選考ではどのようなことが重視されているかについてを深掘りしていきたいと思います!

転職活動や就職活動において、避けては通れない道が書類審査ですよね。

では、そもそもWeb業界における書類通過率はどれくらいなのでしょうか?

現在の書類通過率の現状

Web業界の現状として書類選考の通過率は30%ほどといわれています。

【参考資料】Webマーケティング書類選過のコツ

【実録】30代未経験のWebマーケター転職談

上の図から見ても分かるように一次面接まで辿り着くまでの書類通過率はそれぞれ30%と、狭き門といえるような状況かもしれませんね。

とはいえここで諦めてしまうのは早い!

きちんとポイントを整理して魅せ方を変えていくだけで印象をぐんとUPさせ、『会ってみたい』と思われるような書類を作ることも可能なのです!

書類選考が通らない3つの原因

では書類が通過しない70%にはどんな原因があるのでしょうか?

大きく3つに分けて紹介していきたいと思います。

原因①応募先に必要のない情報が多く、企業に刺さりそうな経験やスキルを抜粋できていない

自分をアピールすることに集中してしまうと、つい情報を多く記載してしまいがちです。これは場合によっては企業が求めているスキルのミスマッチに繋がってしまうので要注意です。

原因②相手が求める情報をピンポイントで出せていない

企業ごとに求めるスキルが異なりますし、Webマーケティング業務の内容も全く異なっています。企業に合わせて自分が所持しているどんな情報を提供してあげられるかを整理することが大切です。

原因③自主的に動いている姿勢を見せられていない

成長市場であるWeb業界においては自主的に動いてくれる人が多く求められています。「入社してから必死に覚えます!」ではなく「自主的に動いてます!学んだこと、すぐに活かせます!」といかに意欲的な部分を伝えられるかどうかが重要となるでしょう。

書類通過するための3つのポイント

では改めて書類審査を通過するためのポイントを3つに絞ってご紹介していきたいと思います!

①現在の職務内容と職務経歴を簡潔にまとめる

採用担当者や面接官は、日々膨大な数の書類に目を通しています。つまり周りには沢山競合がいるということですよね?

そんな数多くの競合の中でも「この人に会ってみたいな」という印象を与える為には、簡潔かつ魅力的に書くことが求められます。

簡潔に書くためにPREP法を意識して作成してみるといいでしょう!

PREP法とは?

  • Point=要点
  • Reason=理由
  • Example=具体例
  • Point=要点(まとめ)

つまり自己PRや今後何ができるかは実体験をベースにした具体的な内容にすると良いですね!

【PREP法の例文】

私の長所は目標達成への数字のコミットができることです。(結論、要点)

営業時代は7年間で5回トップセールスを記録し、1度も目標を達成できなかったことはございません。(理由)

具体的に実行したことといたしまして年間予算を月ごとに細分化、日ごとに細分化、1日の中でも細分化を行い、行動目標まで明確に行ないました。その結果、やるべきことがハッキリしてモチベーションアップにも繋がり、目標達成のために業務に従事することができました。イレギュラーなどが起き,どうしても1日の目標が達成できなかった際には、すぐ調整をかけて目標達成に務めました。仲間と協力しながら目標までのステップを逆算し、落ち着いて対応したことが結果に繋がったと考えております。(具体例)

これからも目標数字に着手しロジカル思考をベースに入念に計画を立て、社会に貢献していきたいと考えております。(結論、要点)

②持っている資格やスキルを載せる

前職で培った能力をWebマーケティング職でどのように活かせるかを、具体的なエピソードと共に伝えることが大事です。

例えば前職がアパレル店員である場合・・・

例)お客様の年齢層や販売場所、販売する時間帯などにより、同じ商品でも売れ行きの幅があることを受け、日々販売方法の根本的な変更の提案などを常に行っておりました。

Webマーケティングの直接の経験はありませんが、これまでに培ってきた現場の生の声の知識やそれに対する分析能力を貴社で活かすことができると考えております。

など活かせそうな要素をwebマーケティングの業務と紐づけて記載しています。

③過去の実績から、これからどんな貢献が出来るかを数値を用いて書く

自己PRを作成するにあたって、数値をベースに得意分野をアピールすることが重要になってきます。

Webマーケティングは業務上でPV数や回遊率、商品の売却数等の改善率や増加率を把握できるため、「何をして」、「どうなった」という具体的な実績を自分自身で知ることができます。

例)私は主に、Webメディアを活用し、クライアントの集客力の向上とブランディングを図るプロジェクトに参加しています。不動産会社のクライアントのオウンドメディアにSEOに最適化した記事を月間30本掲載し、Google検索からの流入を図っております。私が担当してから、年間の集客数が350%にまで向上いたしました。

といったように数値を交えたアピールができるといいですね。

私には実績がないから・・・とお考えの方も、諦める必要はありません!

実績以外に趣味の話であったとしても、数値と共に記載し、ロジカルシンキングができるという点を企業にアピールすることで印象はぐんとUPします。

ユニークな取り組みや特別な経験をしている場合には、採用担当者に興味を持たれる可能性が高まりますよね。自己PRや得意分野は他者と差別化できる大きなメリットになります!

なので魅力的な能力や経験をPRすることはとても重要です。企業側が求めている人物像をチェックし、それに合致するように意識しつつ、人材としての魅力を伝えられる書類を作成しましょう。

まとめ

今回は、未経験からWebマーケティングのお仕事に興味がある方向けに、転職活動において第一難関である書類審査を突破するためのコツをお伝えしました。Webマーケティング職は求人数も増加傾向にありますので、スキルを上手にアピールすることで、未経験からでも専門性の高い人材になる道が開けることは間違いないです。ワナビーキャリアでは書類通過率が40%越えというデータもあり、全面的に皆様のサポートをしております。この記事をきっかけに、あなたにとってよい転職をするための道が開けましたら幸いです!

キャリアカテゴリの最新記事