WannabeAcademy「WEBマーケティングコース」入学者申込受付中!! ≫ここをクリック≪

筋トレを全力で楽しむ!筋トレのモチベーションを上げるおすすめ方法6選

筋トレを全力で楽しむ!筋トレのモチベーションを上げるおすすめ方法6選

ジムに入会したもののモチベーションが維持できず最近ジムに行けていない、ジムに行くのが面倒だと感じる方は多いでしょう。継続は力なりの言葉通り、筋トレは継続することで効果を発揮しやすいです。本記事では、週4回ジムに10年以上通い続けてきた私が実践する、おすすめの方法6選をご紹介します。モチベーション維持に悩まれている方は、ぜひ参考にしてください。

モチベーションが低下している原因を知ろう

まず、自身のモチベーションが下がっている原因を知ることが重要です。原因を知ることで、自身にあった方法で対策ができるため、効果をより発揮しやすくなります。

ジムに行きたくない理由、行くモチベーションが上がらない理由など、思いあたることをとりあえず紙に書き出してみましょう。紙に書き出すことで頭の整理がつき、原因が明確になりやすくなります。

1.筋トレで実現したい目標を設定する

筋トレで体形を変えてどういったことを実現したいのか、目標を設定することが重要です。目標が明確であることで、自身のモチベーションを上げる大きな原動力になります。また、2023年1月までに体脂肪15%以下にするなど、目標を数値化すると良いです。数値化することで目標がブレにくく、進捗状況に合わせて軌道修正がしやすくなります。

2.筋トレを通じて変化した体形を褒める

以前と比較して体が締まってきた、おなかの脂肪が減った気がするなど、自身の体形の変化に気付き褒めてあげましょう。ビフォーアフターで写真を撮っておく、日頃から鏡でチェックするなど、ちょっとした変化に気付けるかがモチベーションに大きく影響します。小さな変化を積み重ねることで周りにも変化が伝わり始めるため、筋トレが楽しくなりやすいです。

3.理想の体形を見る

SNSなどで理想の体形を見ることで、目標をより具現化できるためモチベーション向上効果が期待できます。ただ、あまりに現実離れした体形だと目標値が高すぎて、モチベーションが上がりにくいので、自身にあった理想の体形を目標にすると良いでしょう。

4.好きなトレーニングウエアを着る

好きなトレーニングウエアを着ることで、モチベーションが上がりやすくなります。トレーニングウエアにお金をかけることで、自分自身への追い込みになるでしょう。また、そのトレーニングウエアに対して似合う体形になりたいと、モチベーション向上も期待できます。トレーニングウエアなら豊富なラインアップのスポーツデポ・アルペンの通販サイトがおすすめです。

〇おすすめポイント
・商品点数は40,000点以上
・5000円以上で送料無料
・最短翌日配送
・サイズ交換1回無料

ぜひお気に入りのトレーニングウエアを見つけてみましょう。

5.筋トレ仲間を作る

筋トレをする環境は大きくモチベーションに影響します。お互いを鼓舞しあったり、仲間の頑張る姿に負けてられない、とモチベーションを高めやすいです。
筋トレ仲間は、ジム内で行われているスタジオレッスンに参加したり、SNSを活かして作ると良いでしょう。

6.パーソナルジムへ通う

初心者の方は自走できるまで、上級者の方はスランプを感じた際に、パーソナルジムに行くことをおすすめします。これまで紹介してきた方法でも効果はありますが、モチベーションを維持することはかなり大変です。通常のジムより費用は発生しますが、モチベーション向上はもちろん、自身に合ったより効果の高いトレーニング方法を学べます上手く活用することで効果が期待できるでしょう。

ただ、パーソナルジムは効果が高い分、体への負担も大きいです。次回のトレーニングのパフォーマンスを落とさないためにも、トレーニング後はしっかり体を休めましょう。
休息をサポートしてくれるドリンクとしておすすめなのが「ランショット」です。
ランショットは、コラーゲンペプチド5000mg、BCAA 1000mg、クエン酸2700mgが含まれており、「練習を続けたい人のためのサポートドリンク」として高い評価を得ています。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

モチベーションを維持して筋トレを楽しもう

Shot of a young handsome man running outdoors

トレーニングは長期的に継続することが重要ですが、モチベーションを維持するのは難しいです。モチベーションが下がった際は、まずは原因分析をしましょう。その原因に合わせて今回ご紹介したような方法を活用し、筋トレ生活をぜひ楽しんでください。

 

受講生コラムカテゴリの最新記事