WannabeAcademy「WEBマーケティングコース」入学者申込受付中!! ≫ここをクリック≪

転職を考える前に 明日から自分らしく働くための短期・中期的に変わる4選!

転職を考える前に 明日から自分らしく働くための短期・中期的に変わる4選!

今までに転職を考えたことはありますか?
職場環境や人間関係、業務内容など以下のような不満を抱いて、転職を検討する方も多いのではないでしょうか
ーーーー

  • 学生の頃に描いていた仕事と違う
  • 自分の将来のキャリアとは何か
  • 尊敬できる先輩が社内にはあまりいない
  • 大企業の歯車になっていて、自分の意思が社内で通らない
  • お客様ではなく、社内を向いて仕事をしていることに嫌気がさす など

ーーーー

上記は実際に私が入社して3年間抱えていた悩みであり、転職も検討していました。
ただこの機会をきっかけに、外的要因からただ逃げるのではなく自分のあり方を試行錯誤しながら変えていった結果、徐々に自分の考え方が変わると同時に周りも変わり始めてきましたそのような実体験から過去の私と同じような悩みを持つ方々に、少しでも価値ある情報を届けたいと思いこの記事をご用意しました。
少しでもお付き合い頂けると幸いです


この記事では、「短期的な解決方法」と「中期的な解決方法」の二つをご紹介します。
まずは、短期的な解決方法を最低3日間実践すれば、誰でも「少し今までの自分の考え方と違ってきたかも」と変化を実感することができるはずですなぜなら私もこの方法で、上記の悩みと向き合うマインドに変わっていったからです。

では早速一つずつご紹介できればと思います。
まずは短期的な解決方法から!

短期的な解決方法

自分一人の時間を作る

日中はパソコンと睨めっこし、仕事終わりにはスマホをダラダラといじり、気づいたらもう寝る時間、、こんな生活は誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

そうなると自分と向き合う時間がなくなり思考が止まってしまうので、仕事終わりにでもお昼休みにでも必ず一人でぼけーっとする時間を確保しましょう。

そのメリットは大きく3つあります

  • 自分の気持ちにゆとりができる
  • 机に向かい合ってたら思い浮かばなかったアイディアがふっと出てくる
  • 仕事でイライラした感情を流すことができる

疲れた時こそ、私はよく散歩やサウナに行きます。
適度に休憩をとって、自分のリズムを整えるようにしましょう。
好きな音楽を聴きながら散歩する時間は私にとって最高の至福です。

モチベーションを向上させるルーティンを作る

普段みなさんは、朝起きてもしくは出社してからすぐに業務に入っていますか?
仕事はスポーツで言う試合と同じようなものです。試合に入る前に必ず準備運動をしましょう。

仕事の作業ベースに取り掛かる前に、今日も自分らしく働くためのマインドを養うことから始めると1日の始まり方が大きく変わります。
私は、その為に朝散歩をしたり、モチベーションの上がるYouTube動画などを良くみます。
バレーボールの漫画「ハイキュー」が個人的に好きなので、YouTubeで編集されている動画などを毎日聞いてから仕事に入るようにしています。笑

中期的な解決方法

さて、ここからは中期的な解決方法です。
以下は普段意識しているかどうかによって今後大きく変わるところなので是非意識していただければと思います。

自分のマインドを変える


一つ目に大切なことは、他人を変えようとすることではなく自分のマインドを少しずつ変えていくことです。
本記事では、自分の気持ちを変えるための2つのポイントを下記に記載します。

1.仕事に対するプロ意識を強く持つ

お客様や学生たちからみたら、皆さんは会社を代表する立派な社員(プロ)です。
自分の仕事に誇りを持って業務にプロとして取り組めるように毎日をデザインしましょう。
具体的なやり方としては、鏡と向き合って自分を鼓舞することや、上述したモチベーションが向上する行動を取るなどが効果的かなと考えています。

2.ゆっくりと歩く・発言する(走らない・慌てない・焦らない)

プロ意識を強く持って対応するためには、ゆっくりと行動することが大切かと考えています。(勿論、仕事はテキパキとです笑)
日々の自分の行動が慌てていると心に余裕が持てなくなり、上司の言うことやお客さまの言うことなどを鵜呑みにする傾向があります。
それこそ自分の意志が通らない1番の原因は、外部ではなく自分の考え方やスタンスです。
発言に論理性を持たせることも大切ですが、何よりも堂々と落ち着いて日々行動することを意識するだけでも突発的なことにも落ち着いて対応することが可能です。
まずは歩くところから少しゆっくり歩いてみる、時間にゆとりをもって行動してみるなど、できるところから始めてみましょう。

自分の勝負する土俵(専門分野)を明確に作ること

簡単に言うと、会社(ないしは社会)が個人に依存する仕組みを作ることです。

例えば、強豪のサッカーチームで考えてみましょう。
軒並み上手なメンバーが揃う中で、絶対的なエースストライカーが一人いたとしたらどうでしょう。他のメンバーは上手なものの代替は可能ですが、ストライカーを失えばチームとしての攻撃力は半減するわけですから、チームはストライカーがいなくなっては困りますよね。

この状態を会社内、ないしは社会でも作れると市場価値の高い人材となります。
そのために、まずは以下二点を考慮しながら自分の専門性をどこで高めていくのかをまずは考えてみましょう。

  • 自分が興味のある分野か?
  • 市場ではどんな人材(土俵)が必要とされているのか?

 一例)デザイナー・LP制作・データサイエンティスト・デジタルマーケター・マーケター・ブロックチェーン・NFT など

まずは分野を見極めたら部署内で一番詳しくなる、そして社内で一番詳しくなると社内だけでなく市場価値の高い人へと変わることができます。

まとめ

いかがでしたか?今回ご紹介したのは以下4点です。

上記の中から、これなら自分でもできそうと思うものを最低2つ、3日間実行できるように明日から行動してみましょう。

世界と比較すると日本で働く人々の生産性や幸福度は、かなり低いです。
本記事を通じて外的要因だけでなく、明日から少しずつ自分が変われるように意識して行動頂けると幸いです。

受講生コラムカテゴリの最新記事