WannabeAcademy「WEBマーケティングコース」入学者申込受付中!! ≫ここをクリック≪

Webライターになるには? 未経験からの始め方・必要なスキル を徹底解説

Webライターになるには? 未経験からの始め方・必要なスキル を徹底解説

Webライターになるには?未経験からの始め方と必要なスキル在宅副業として注目を集めるWebライター。

時間や場所にとらわれずに働ける
パソコン1台で仕事ができる
特別な資格や経験がなくてもチャレンジできる

といった特長から、「簡単に稼げそう」というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、未経験からWebライターになりたいと考えている方に向け、Webライターの仕事内容、必要なスキル、案件の獲得方法などをご紹介します。
未経験からWebライターとして活動中の筆者自身の体験談も交えながら解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

Webライターの仕事内容

Webライターの仕事内容をひと言で表すと、「Web上に載せる文章を書くこと」です。
具体的には、企業のホームページやニュースサイト、キュレーションメディアなどに掲載する記事などを書く仕事が圧倒的に多いです。
代表的な仕事をいくつかご紹介します。

① SEOライティング

Web検索をした際に上位表示させるための記事を書く仕事。検索されやすいキーワードをテーマに、知りたい情報を的確に伝える記事を書くことが求められます。
Webからの集客を増やしたい企業が、自社の認知度を上げるためにメディアサイトを作って記事を掲載するケースは非常に増えているため、SEOライティングのニーズはかなり高いです。
(例:弁護士事務所が「身近な法律トラブルを集めたメディアを作る」、子供向け通信教育サービス会社が「子育て情報のメディアサイトを作る」など)

● 報酬の目安:1文字1円未満~3円程度がボリュームゾーン。専門知識が必要な記事になるほど文字単価は高い。

② セールスライティング

商品の購入やサービスの利用申込みなど、売上につなげるための文章を書く仕事。その商材で得られるメリットを効果的に伝え、ユーザーの気持ちをうまく誘導することが求められます。LP(ランディングページ)のライティングが代表的です。

● 報酬の目安:1文字1円~3円程度。

③ SNS投稿用の文章作成、YouTubeの台本作成

企業のTwitterやInstagramなどに投稿する文章や、YouTubeの台本を作成する仕事。情報発信はしたいけれど、日々継続して企画・投稿・配信する余裕がない企業は多いため、一定の需要がある仕事です。企業以外に、本人に代わってブログ記事やnote記事をWebライターが代行するケースもあります。

● 報酬の目安:1投稿数百円~千円程度が相場。

※報酬は、ライターの実績や業種などにより幅があります。

このように、Webライターの仕事は「Webサイトに載せる記事を書く」以外にもさまざまな種類があります。他にも「プレスリリースの記事」「メールマガジンの文章」「キャッチコピー作成」など、Web上で情報発信する場面は数多くあり、その分だけWebライターの活躍の場があると言えます。

Webライターに求められるスキルとは

Webライターに必要なスキルは、大きく分けて「記事を書くためのスキル」「仕事を円滑に進めるためのスキル」の2種類あります。

① 記事を書くためのスキル

・基本的なパソコンスキル

記事を書く際は、「グラフや数値分析結果」「内容の図解」など、文字以外の要素を入れる場合もあります。そのためタイピングスキルに加え、表計算ソフトやプレゼンテーションソフトなどのスキルもマスターしておくと、より分かりやすい記事を書くことができます。

・語彙力・文法知識 

Webライターには、もちろん日本語能力も欠かせません。
文学的な表現は不要ですが、専門知識を分かりやすく説明するための言葉選びや、メリハリをつけるための語尾表現、「主語と述語を合わせる」「並列や対比の際は品詞をそろえる」などの文法面に気を付けると、文章はぐっと分かりやすく、最後まで読んでもらいやすくなります。

・文章構成力

どんな順番で説明するか、どんな流れで意図した落としどころに誘導するかという「構成を考える力」も非常に大切です。
読み手が知りたい情報は何か、書き手(もしくはライティングの依頼主)が最も伝えたいこと・結論は何か、読み手にどんな気持ちや行動の変化を起こさせたいかなどを踏まえ、スムーズに話を持っていく力を磨きましょう。

② 仕事を円滑に進めるためのスキル

・情報収集力

記事を書くには、当然「伝える内容」が必要です。どんな困りごとを抱えている人が多いのか、どんなことに興味を持っている人が多いのか、どんな説明が求められていそうかといった情報を調べる力は、「読まれる記事」を書くには必須のスキルです。

・営業力

Webライターとして収入を得るには、お仕事をいただかなくてはなりません。そのための営業力も大切です。最近では、TwitterやYouTubeで情報発信をするWebライターも多いので、仕事をする上でのスタンス・日々心掛けていること・仕事の実績などを紹介したり、他のWebライターや関連業界の方と交流したりするのも有効です。

・コミュニケーション能力

クライアントの要望にしっかり応えるライティングをするには、コミュニケーションも必須です。
この記事を載せる目的は何か(例:Webサイトに人を呼び込みたい、問い合わせのきっかけにしたい、サービス購入につなげたいなど)をしっかりヒアリングし、認識のズレがないようにしておきましょう。また、信頼関係を築くためには「なるべく即レス」「期日は守る」「不測の事態が起きたらすぐ報告」なども重要です。

③ 他のWebライターとの差別化

もう一つ、「本業ではライターの方にお仕事を依頼する立場、副業では本記事のようなコンテンツを書くWebライター」の筆者が身をもって感じている、Webライターに必要なスキルをご紹介します。それは「得意分野を持つこと」です。

「医療系の分野に強い」「インタビュー記事が得意」「とにかく記事提出が速い」など、「この人に頼めばこれだけは間違いない!」と思われる強みを持っておくと、担当者がピンチになった時に思い浮かべてもらえ、仕事を依頼してもらえるWebライターになれます!

これからWebライターを目指そうという方は、参考にしてみてください。

Webライターの将来性は?「AIに仕事を奪われる」は本当?

パソコンさえあれば誰でも始められるWebライター。

気軽にチャレンジできる点が魅力である一方で、「次から次へとライバルが増え続ける」「AIがライターの仕事を奪う」といった話を聞いた方もいるかもしれません。

でも今、Webマーケティングのニーズがない業界は皆無と言ってもいいでしょう。小売業やサービス業などはもちろん、B to Bの業界や、人を集めたい学校、自治体などでも、Webマーケティングの重要性は年々高まる一方。

つまり「コンテンツが大事なのは知っているけど、どんな記事を用意すべきか分からない。ノウハウがない」とお困りの企業や団体は、世の中にたくさんあるのです。社内マーケターはいても、コンテンツ制作担当者までは用意できないという場合も多いでしょう。

今までにない新しい商品やサービスが次々生まれる。
情報発信プラットフォームのトレンドも日々変化する。

そんな中、現在のAIが得意とする「既存データからの情報抽出」だけでは対応しきれないコンテンツは多数あります。

クライアント企業のニーズをしっかり理解し、リサーチ力、文章力、「自分の経験」などをフル稼働させ、読み手が求めるメリットにうまくマッチさせた記事構成や文章を作る。これはかなり高度なスキルです。

量産型ではない、結果につながる質の高い文章を書けるWebライターのニーズは、これからもなくなることはありません。

未経験からWebライターになるには

最後に、未経験からWebライターになる方法を3つご紹介します。

① クラウドソーシングでマッチングする

最もハードルが低いのが、クラウドソーシングを利用する方法です。「クラウドワークス」「ランサーズ」などのサービスを見て、気になる案件に応募し、相手とマッチすればお仕事スタートです。フリーランスとして本格的にライター業を始めたい方だけでなく、副業で少しずつチャレンジしてみたい、Webライターの仕事がどんなものか一度経験したいという方にもおすすめの方法です。

② コンテンツ制作担当者として就職する

Webマーケティングにおけるコンテンツの重要性が多くの企業で認識されていることから、「社外の人に任せるのではなく、自社商材をしっかり理解しているメンバーに記事を書いてもらいたい」と、専属の社員を確保する企業も増えています。特定の業界事情にしっかり向き合ってライティングすることで専門知識も深まるので、そこを強みに別の企業へ移る、独立するなどもしやすくなります。

③ 個人で案件を獲得しに行く

本当にまったくの未経験者にはややハードルが高いですが、個人で案件を獲得する方法もあります。メディアサイトなどのWebライターに応募するやり方や、個人ブログ、noteなどにプロフィールと問い合わせ先を記載して仕事を募集する方法もあります。いずれの場合も、ポートフォリオ(自分がどんな記事を書けるのかを見せるための実績集)を用意しておくと、クライアント側も仕事を依頼しやすくなります。

こうした方法以外にも、Twitterで「Webライター募集中」といった投稿もよく見かけます。

最初は誰でも未経験。
でも、最初の仕事さえしっかり終えれば、「経験者」になれます!

興味のある方は、ぜひ勇気を出してチャレンジしてみましょう。


Wannabe Academyならスキルの習得から案件獲得まで叶う!

選ばれるWebライターになるには、プラスアルファのスキルも大切です。

特に、メディア運営と広告運用をセットで行えるWebライターは、クライアントにとって非常に魅力的

WebマーケティングスクールWannabe Academy(ワナビーアカデミー)では、カリキュラムを通じてスキルを身に付けられるだけでなく、卒業課題合格後には、実在する企業のクライアントワークに参加でき、報酬アリの案件に参加するチャンスも用意されています。

「一歩差の付くWebライターとして活躍したい」という方は、ぜひ個別相談でお話を聞かせてください!

実務経験が積めるWebマーケティングスクール

キャリアカテゴリの最新記事