WannabeAcademy「WEBマーケティングコース」入学者申込受付中!! ≫ここをクリック≪

筋トレを1年間継続できる人はなんと驚愕の〇〇%!?!?私が思う継続できない理由と継続するための大事なことを解説!

筋トレを1年間継続できる人はなんと驚愕の〇〇%!?!?私が思う継続できない理由と継続するための大事なことを解説!

まず初めにこのグラフをご覧ください。

上記のグラフは、2016年、Sperandeiらは、フィットネスセンターに新規で通いはじめた5,240名を対象に、12ヶ月間にわたるトレーニングの継続率を調査しました。

その結果、継続率は開始から3ヶ月で37%、半年後には14%にまで減少しました。

そして、12ヶ月後まで継続できたのはわずか4%未満だったのです。

この4%の中には、「軽い運動をしに来る人」、「プールだけ泳ぎに来る人」、「エアロビクスやヨガだけをやりに来る人」も含めての4%となっています。

しかし、筋トレ(筋肉に負荷をかけることで筋肉の成長を促し、筋出力を高めるトレーニング) だけにフォーカスした場合の継続率は
なんと驚愕の0.3%ととても低いというデーターが出ているそうです。

そもそもなぜ筋トレの継続率がこんなに低いのかというところです。

私が考える理由をいくつか上げたいと思います。

1.  シンプルに辛いし疲れる。
2.  目標設定が最初から高い。
3.  目に見える結果がなかなか見えない。
4.  時間がない
5.  動機が曖昧かつ弱い

5つ上げましたがこの5つは自分と向き合い
考え方、工夫次第ですぐ改善できます。

それでは1つずつ説明していきたいと思います

1. シンプルに辛いし疲れる

そもそも筋トレというものは辛いし疲れるのは当たり前のことです。

筋肉を使い動かす、動的運動をする、それが筋トレという物です。

辛い、疲れる、面倒臭い、楽したい、などネガティブなことしか思えないようでしたら
やらなければいい、ただそれだけです。

筋トレは自分自身との戦いです。

自分自身と向き合い、気持ちが下がらないようなプログラムの作成、トレーニング頻度にするのがいいかと思います。

気持ちが上がらない時は是非この本を読んで見てください!!

これを読むと不思議と

「よし!筋トレやろう!頑張ろう!」

個人的になるのでとてもオススメです!

2.目標設定が最初から高い

特に多いのが、
(明日から毎日腹筋300回)

(腕立て100回やろう)

(ランニング1時間やろう) などです。

この3つをみてみなさんはどう思いますか?続くと思いますか?

きっと皆さんこの画像のようになると思います。。

私の意見を言わせていただきますと、これはちょースーパーストイックさんしか続きません。

きっと続いても2日か3日です。いわゆる三日坊主で終わるのがオチです

昨日まで何もしていなかった人が腹筋300回なんてゴールが遠すぎます。

ホントに続けたいのであれば最初の目標設定は低くするべきです

これは断言できます。

低い目標設定の例を上げさせていただくと、

(腹筋20回3セットなどと設定することです)

回数も多くなくゴールも近いので継続できる可能性が格段とUPすると思います!

3.目に見える結果がなかなか見えない

筋トレの効果が実感できるのはどのくらいの期間で分かるか皆さんはご存知ですか?

よく言われているのは、

約3ヶ月くらいが目安と言われています。

そして周りの人に変化を気づいてもらえるのは

約6ヶ月かかるそうです。

私も経験上3ヶ月ほどたった辺りから筋肉がついたと実感した記憶があります。

最初のグラフの通り約7割くらいの人が効果を
実感する前に辞めてしまっています

本当に勿体ないです。

始めた時点で3ヶ月間は変化がわからないと予め理解していると

この悩みは解決できると思います。

4.時間がない

この時間がない問題に関しては、
時間は自分自身で作るものだと私は思います。

自分の時間を1時間も作れないのはとてもつもなく忙しい社長さんくらいだと思います。

もし筋トレに30分〜1時間しか時間を割きたくないというのであれば以下の2つをオススメします。

1.自分自身で短時間で終わるプログラムを作る

2.YouTubeやSNSなどを見て短時間で終わる動画を組み合わせてプログラムを作る

個人的には2つ目を特にオススメします。

理由としては、筋トレのやり方を載せてる動画を見ながらの方がフォームも正しく、

短期間に追い込めて効率よくできると思うからです。

自己流で考えてやるのもとても大切ですが最初は動画などを参考にして

やる方が良いかと思います!

5.動機が曖昧かつ弱い

個人的には、動機はとても大切だと思います。

動機がなくただやっていると

(何しにこんな疲れて辛いことやっているんだろう)

とすぐマイナスな気持ちになり心が折れやすくなってしまいます。

「なぜ」「なんの為にやるのか」「どうしてやるのか」「どうなりたいのか」

動機は人それぞれなので自分のモチベーションを保てるものならば
どんな理由でもいいかと私は思います。

例えば

(女の子からモテたい)、(かっこよくなりたい)、(〇〇みたいになりたい)

このようなことでも立派な動機だと思います。

どんなに小さなことでもいいので
自分のモチベーションを保てる動機を考えて

見つけてみてください!!

以上が私が思う筋トレが続かない理由と、それぞれに対しての考え方とアドバイスになります。

実際、私自身が継続するためにどのようなことを考え、行動したのか紹介したいと思います。

実際に私自身が意識したのは4つだけです。

1.   ジムに入会しやる環境を作った。
2.   最低週4日はいくと決めた。
3.   動機、目標の設定
4.   筋トレしている友達に連絡し、1から教えてもらうようにお願いした。

この4つが私自身が実際に行ったことです。

1.ジムに入会しやる環境を作った

自分自身の性格を考えた際に自宅だと必ずだらけてしまうと思ったので
集中できる環境かつやらなければいけない環境に身を置こうと決めました。

2.最低週4日はいくと決めた

自分の普段のライフスタイルを見直した際に、週4日は行ける時間が取れることに
気がつき行ける時間が週4日あるのならば必ず行こうと決めました。

3.動機、目標の設定

自分自身のモチベーション維持をするためにはこの2つは
とても大切です。

私自身の筋トレしようと思った動機は、

「かっこよくなりたい」 

「白濱亜嵐くんみたいな体になりたい」

この2つです。

目標は、「1年後には腹筋を割り綺麗な逆三角形になる」という目標を立てました。

この2つが私の最初の動機と目標です。

4. 筋トレしている友達に連絡し、1から教えてもらうようにお願いした

当時筋トレの知識が全くの無知だったため、実際に友達から直接教えてもうのが

成長する近道だと思ったからです。

筋トレは重い重量を扱えればいいというわけではありません。

1番大事なのは、しっかりとしたフォームで行うことです。

ですので、自分より知識、経験がある友達に最初は教えてもらうのがいいかと

私は思います。

以上の4つを最初に考え行動し意識したことで続けることができました。

ジムトレサポート『ジムいこ』

まとめ

いかがでしたか?

何事もそうですが、物事を継続し習慣化するということは簡単なことではありません。

自分自身と向き合い、どのようなやり方が自分自身に合っているかを色々と試行錯誤しながらチャレンジしてみてください!!!

この記事が少しでも誰かの役に立てると嬉しいです!

最後までご覧頂き有難う御座いました。

受講生コラムカテゴリの最新記事